宣伝会議2014年9月号

宣伝会議の2014年9月号を読んだ。

続きを読む...

現代の認知心理学5 発達と学習

現代の認知心理学5 発達と学習 を読んだ

続きを読む...

日経エレクトロニクス2014-6-23

日経エレクトロニクス2014年6月号を読んだ。 なんというか、自虐が冴え渡っていたような気がする。

測距のいろんな方法、コントラスト、位相差、ぼけ量(←←NEW!)とかを紹介している記事が一番読み応えがあった。 これはARにも応用できるんだろうか? いままでは本体の動きと特徴点の動き方から距離を推定する方法にこだわってたけど、そうする必然性はないのかもしれない。

WEB+DB vol.81

WEB+DB vol.81を読んだ。

今号は「視点により異なるUXのとらえ方」が一番おもしろかった。人によって同じUXという言葉でもそのレイヤが異なるという話で、なるほど、UXということを議論するときのかみ合わなさの一因になってそうだなあと。 もちろん、そういういろいろなUXを時と場合によって使い分けるというか、複数視点持ち合わせるのが大事なんだと思う。

Software Design 2014年7月号

Software Design 2014年7月号を読んだ。 enchant物語は相変わらず、なんというか、()って感じ。

今週号の「知ってるようで知らない」はDHCPとか実際、微妙にググっても情報を得にくいところを扱ってて、ためになった。

迷いが消える決断思考

迷いが消える決断思考 ――最強意思決定ツール「ビジュアル・フューチャー」 を読んだ。

続きを読む...

頭がよくなる「図解思考」の技術

頭がよくなる「図解思考」の技術 をまた読んだ。

続きを読む...

ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣

ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣 を読んだ

続きを読む...

その他大勢を味方につける25の方法

その他大勢を味方につける25の方法 を読んだ。

続きを読む...

アイデアを組織に広めるための48のパターン

読みにくいという感想以外はでてこないぐらい読みにくい本だった。 が、まあ、「パターン」を得、何かを組織に導入するときのヒントには十分になり得る本だった。

ユニプロの場合はかなりフラットなために本書の内容は役に立たないが、他の組織であれば・・?