Works Report 2014 IT業界の突出人材を生むメカニズム

Works Report 2014 IT業界の突出人材を生むメカニズム WEB系エンジニアの日米比較で見えた日本の課題 <http://www.works-i.com/pdf/140603_itproj.pdf> を読んだ。

日本側の課題を浮き彫りにするのが主眼なので仕方ないとは思うが、若干アメリカ側をよいしょしすぎでは?という感はありつつも、 非常に有用で、またCTO/1エンジニアとして納得感のあるレポートだった。

このレポートにもう少し付け加えるなら、日本人特有の問題として、英語教育に力をいれるというのもあっていいのかなって思った。 というのも、最新の情報や一次情報とかが英語でしか手に入らないというのはあって、英語ができないことによるハンディキャップというのはやはり存在するので。

あと、いろんなパワーバランスってのは(レポートでは産学官連携とか提案してるけど)やはり人材の流動性の向上以外にないんじゃないかなあと。